フィッシングガイド タマリスク

ご予約はこちら

スタッフ紹介

引地俊介

引地俊介 SHUNSUKE HIKICHI

1976年北海道北見市生まれの満34歳。
北里大学水産学部卒業。専攻は水族病理学。卒業論文のテーマはマアナゴの研究。
数年の広告代理店勤務を経て、アラスカ武者修行の後、
2000年10月フィッシングガイド(TAMARISK)として独立。
ガイド釣行日数は、年間約100日。
釣歴は、30年。フライ/ルアーはもちろん、餌釣りやトローリングまで何でも行う。
オールマイティにこなせるからこそ最高のガイドが出来るというのが信念。
座右の銘は、故開高健氏が愛した言葉
「明日世界が滅びるとも、私はりんごの木を植える」。

釣り雑誌「ルアーマガジンリバー」誌にフォトエッセイを連載中。
北海道新聞の情報誌「みんと」にもコラムを不定期連載中。
エムアイレ社 フィールドテスター